ホーム > ニュース > マグネシウム合金搭載スノーボード THE Cシリーズ

マグネシウム合金搭載スノーボード THE Cシリーズ


ヨネックス株式会社は、アルペン競技者向けの新製品カーボンスノーボード『THE C』シリーズのSLR(ショートレングスラディアス)と、LLR(ロングレングスラディアス)の2機種を2015年8月に発売したと発表しました。

最大の特徴は、マグネシウムの特性である「最軽量」「最大の比強度」に加え、「振動吸収性が最大」という性質も活かされていることです。

高速ターンでコースを駆け抜け、ときには100分の1秒という僅差でタイムを争うアルペン競技において、いかに滑走時の安定性を高められるかが勝敗のカギとなります。
THE Cシリーズは、滑走時の安定性を高めるべく、世界で初めてマグネシウム合金をスノーボードに複合しました。マグネシウムは、実用金属の中で「最軽量」であ り、「最大の比強度」を持ち、「振動吸収性が最大」という性質があります。このマグネシウム合金を複合させることで、弊社スノーボード最大の特徴である カーボン複合による軽量を損なうことなく、滑走時の振動を極限まで低減。高速時でも板のばたつきがなく安定した滑りが可能となります。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.yonex.co.jp/snowboards/news/2015/09/15091700.html

1509092400_01

※本ニュースはマグネシウム関連製品の情報提供を目的としたもので、当サイトと情報元との関連はございません。

Newsマグネシウム関連ニュース

> マグネシウム関連ニュース一覧を見る